情報は口で学び、口から漏れるだけではない - あなたを守る情報管理!情報セキュリティとリスクのマネジメント

情報は口で学び、口から漏れるだけではない

最近人気が高まっているのが、乳幼児が遊びながら、
言葉を700語も覚えるという、「おしゃべりいっぱいことばずかん」

 アマゾン おしゃべりいっぱいことばずかん

乳幼児向けの、視聴覚器具である。
ここに紹介されている他のグッズも、簡単、単純を繰り返すもので、
基本に徹して学ぶということ。
まあ脳トレ系なんていわずに、玉拾いや素振りみたいなもの。


テレビで紹介されて人気が出ているそうだが、
情報発信センターとしての放送の影響は大きい。

テレビの情報発信の中心は、
言葉(耳)
画像、映像、効果音、音楽(視聴覚)
場合によては、振動(体感)
を伝えるように、情報の携帯は大きく変わってきている。

さらに、そう報告の情報交換ができる、ディジアル放送では、
視聴者からの意見収集やメッセージ交換も可能である。

先の幼児用の視聴覚器具が、
人の視聴覚機能の発達や判断力の育成、
生き物をいつくしむ優しさを育てるのに、
どのような効果があるだろうか。

視聴覚を刺激して楽しく遊べるものが欲しいのは、
英語に悩む小学生、中学生、受験生や大人だけではない。

せっかくの情報機器、
視聴覚機器を、記憶することが苦手な部分に応用すると、
基本的な知識の伝達は変わっていくのではないだろうか。

大人も子供も、楽しみな機器であることは確かそうである。

◆アマゾン ⇒  おしゃべりいっぱいことばずかん

情報は口で学び、口から漏れるだけではない。


ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。